Windows

VMware WorkstationでWindows11を仮想マシンとして実行する方法

デフォルトのままではWindows11が起動せず

Windows11のシステム要件として新たに「TPM2.0」に対応している必要があります。

何も気にせずデフォルトのままではWindows11を仮想マシンとして動作させることができません。

仮想マシンが「TPM2.0」に対応していないためWindows11が起動しない

そのため仮想マシンとなるWindows11に 「TPM2.0」 を認識させてあげます。

Microsoft公式 システム要件
Microsoft公式 システム要件

www.microsoft.com

VMware Workstationで「TPM2.0」を認識させる手順

Windows11を仮想マシンとして起動させるため、ここではVMware Workstationに「TPM2.0」の機能を追加する手順をご紹介します。

新規仮想マシンをカスタムで作成

ハードウェアの互換性を「Workstation 16.x」以上にする

互換性は「Workstation 15.x」以上あればESXiでも「TPM2.0」を追加可能

OSはWindows10を選択

現在リリースされているVMware WorkstationではWindows11に正式対応していないため暫定選択です。

UEFIでセキュアブートを選択

仮想マシン設定で「暗号化」を開く

仮想マシンを作成後、仮想マシン設定を開き、[オプション] → [アクセス コントロール] → [暗号化] の順で開きます。

パスワードを入力

暗号化されているかを確認

UEFIでセキュアブートかを確認

[オプション] → [詳細] → [フォームウェア タイプ] でUEFIでセキュアブートが有効になっているかを確認します。

「TPM2.0」を仮想マシンに追加

[ハードウェア] → [追加] でハードウェアを追加します。

「Trusted Platform Module」を選択して追加

「TPM」が追加されたのを確認

仮想マシンとしてWindows11が起動

VMware Workstationの仮想マシンに「TPM2.0」を追加したのでWindows11を新規インストールして起動させることができました。

VMware Workstation上でWindows11が起動
Windows11 Pro 21H2が起動しています

ESXiでも同様に「TPM2.0」を追加するとWindows11を起動させることができます

これ1冊で完全理解! Windows 11 最新活用ガイド
Windows 10とは大きく異なる新しいユーザーインタフェースをはじめ、注目の新機能、新アプリを徹底紹介します。

Rakuten

Amazon

Yahoo!ショッピング

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かじ

マッチングアプリで出会った女性と結婚をした埼玉県在住の新婚さん。 ガジェット好きではあるけど子どもができたため下火に。。。 社内SEとしてプログラミングなど自分の知識と経験をいろんな人に役立ってもらえるように記事を更新します!

-Windows
-,